脇汗 治し方

脇汗の治し方

手術

特徴
手術はどちらかというとわきがと多汗症を持つ人におすすめ
わきがは汗の臭いではないので、脇汗がひどい=わきがではない
わきがのようなニオイで悩まされている人が受けることができる
わきがだった場合は臭いをかなり軽減することができる

 

デメリット
術後臭や手術跡、黒ずみなどに悩まされる場合がある
場合によっては何度も施術を受けなくてはいけない
手術をしたら入院が必要な場合もあるので学校や職場に連絡をしないといけない

 

費用は?
保険適用の手術で両脇3〜10万円程度で保険外の場合が30万円ほど

 

ボトックス注射

特徴
注射するだけで脇汗をしばらくの間止めることができる(3か月〜4か月ほど)
脇汗が止まるので脇の臭いも解消することができる
完全に脇汗を治すのではなく一時的なものである

 

デメリット
期間限定なのに費用が高い

 

費用は?
両脇で大体5〜10万程度、保険適用だと3万円程度

 

デオドラント、制汗剤

 

特徴
塗るだけで簡単にニオイを消すことができる、汗を抑えることができる。

 

デメリット
物によっては消臭効果がなかったり、制汗作用がないものがある
制汗剤を塗った以外のところに汗を大量にかくとデオドラントが流されてしまうものがある
継続してお金がかかる

 

費用は?
市販のものは1000円程度、わきが用のデオドラントのような強い消臭、制汗作用のあるものは3000〜5000円程度(1月分)

 

体質改善

特徴
自分一人ですることができる
汗の出にくい体になる
汗をかいてもニオイがしにくい体になる

 

デメリット
効果を実感できるようになるためには2か月ほどかかり、継続する必要がある

 

デオドラントを使いながら体質改善をしよう

1年分にかかる費用を値段を比較すると体質改善<デオドラント<ボトックス<手術の順番にお金がかかります。

 

脇汗は精神的な発汗などもあるために、自分で緊張したり、汗をかきたくないと思ったときに汗のことを意識する必要がなくなることが大切です。だから自分で治せた、自分はもう脇汗に悩む必要がないという風に考えられることが大切です。

 

一番体に負担をかけずに汗腺を鍛え、自然に脇汗を治すことができるのはデオドラントと体質改善を併用して行うことです。

 

体質改善で汗がニオわない経験を持つことができるのは精神的発汗を改善することができます。
努力した分だけの効果は得られるでしょう。

 

そして体質改善を行っている間の脇汗、脇の臭いはデオドラントを使っていきましょう。
ピンポイントの期間だけ脇汗を止めたい場合はデオドラントが効果が高く、安く済みます。

 

手術が怖い!シーズン中だけ気になるならボトックス注射

 

脇汗がかなりすごいという人はボトックス注射が向いています。ボトックス注射の制汗効果は高く、かなり脇汗に困っていたという人でも効果を期待することができます。

 

ワンシーズン中だけ脇汗が気になる人はボトックス注射をするのもいいでしょう。

 

手術はわきがと多汗症を併発している人におすすめです。重度のわきがの場合はアポクリン汗腺と呼ばれる脇汗とわきがの原因になる汗腺が大きく、手術で目視による確認がしやすいので失敗しずらく十分なん効果を得ることができる。

 

汗っかきで特に脇汗が気になる。衣類に汗シミや黄ばみができるのは当たり前。灰色Tシャツを着た時なんて汗がにじんで、汗シミができてしまってかなり目立つんですよね。脇汗パッド、制汗スプレーは欠かせないという人でも脇汗を治すことができるのでしょうか。多汗症ってなかなか治らなくて困ります。脇汗がひどいという人は多汗症かもしれません。多汗症には二つの種類があります。一つ目は体質による持続的に汗をかいてしまう。二つ目は緊張による一時的な多汗症があります。1つ目の多汗症については体質的な物や生活習慣によるものです。2つ目はテストの時や面接の時など緊張してしまったり、生活環境が変わることにってストレスを感じて多汗症を引き起こすこともあります。1つ目については体質を改善していくか脇汗を抑えてくれるデオドラントや脇汗対策グッズを使うことが効果的です。2つ目については様子を見ながら上記のような汗対策グッズを使うことが効果的です。

 

脇汗を止めたい人はこちら